増えすぎた大葉を天ぷらにしました

母が庭にうえた大葉。
最初は「わー冷奴とか納豆とかそうめん食べるときすごく便利」なんてのんきに喜んでいました。
ところが、ほんの1,2週間くらいでものすごい勢いで増殖。
お庭のお花畑がいつのまにか大葉畑になっているじゃありませんか。
「これはなんとかしなくては」ということで、天ぷらにしました。

 

天ぷらって、お肉や野菜の素材そのものの味を、とてもシンプル楽しめて大好き。
たとえばご近所さんから「家庭菜園でナスとピーマンを作ったのでどうぞ」なんておすそ分けを頂いたとき、まずはやっぱり天ぷらにしようって考えます。

 

大葉のためだけに天ぷらをするのはもったいないので、とり天・ナス・さつまいも、まいたけを一緒に天ぷらにすることにした。

 

大葉は、片面ずつけっこうじっくりあげます。
うまく火が入らない段階でひっくり返そうとするとふにゃっとなって折れたりするのでけっこう見極めが難しいです。
(でも慣れればかんたんです)

 

こうやってあげると、ほとんど大葉の味はなくて、カリカリサクサクしたスナックみたいな仕上がりになります。
なのでけっこうサクサクいくらでも食べちゃうんですよね。

 

どの天ぷらも美味しくあがったので、サクサクのうちに天然塩をかけ、ハイボールでいただきました。

 

大葉、たくさん食べたけど、やっぱりまだまだ育ってます。
次はなんの料理にしようかなあ・・・