平和な日本でふと思う

テロ事件や紛争など騒動の絶えない昨今。
にわかに世の中に溜まる毒素が噴出している模様です。
そんな世界の様相もあまり他人事としてしか見ていない印象のある日本ですが、個人的には重大事件としてみています。

 

戦争も紛争でもお金絡みの事情が根底にあると思っています。
そのために両者譲ることができずに自分たちの将来と人生をかけて衝突するしかないのだと。
そんあ厳しい現実をみつめて、思う所があるのも私の将来への不安があるからです。
消費者金融があるといっても借金がたまるような生活になってしまえば破産ですから。
生活保護を受けるようになってもやっとの暮らしになるのは当然。

 

行動を起こすべきであるのに、行動しないことが何か一般的な普通の人というのがまだあるように思います。
お金にシビアに考えている人はケチとしてしか見られていない。
相変わらず「良い人」であることに注力して、非現実的な付き合いの中でおしゃべり続けます。
そんな生活の中では自分は自分の生活を維持していくしかないのだと痛感するのです。

 

何はともあれ、現代社会では選択肢が豊富なのはよいことかと思ったりする節もあります。
副業やアルバイトで資金稼ぎするなどして、節制してみたりすることで生活はずいぶん変わるでしょう。
生活を助けるかどうかは結局は自分次第だと思えるんです。
国や自治体などは当てになりませんし、再就職先や収入源を見つけることは自分の行動にかかっています。
そのために毎日情報の洪水の中をかきわけながらこの漠然とした世界を生きる方法を探しています。