最低な父親

自分の子供に触られるのがイヤなのか、自分の子供に触らない。
子供が近づくと「来るな」と言い、追い払う。
子供が父親に抱っこやオンブをせがむが、抱っこやオンブなんか一切しない。
血が出るまで爪を使いつねる、叩く、殴る。
子供に何をしたのか分からないが、子供が大泣きをして子供に近づくと、子供の口から大量の血が出ていた。
口に何針も縫う傷を作った。子供に出来た口の傷は20年たった今も消えない。
子供が大泣きをし、子供に近づくと右手の親指当たりを血だらけにした子供が居た。父親は見ていただけ。焦る事も、手当もしない。ただ見ていただけ。
近くには、血だらけのカッターのみ。
子供が自分で切ったと父親は言い張るが、その場に居なかった私は分からないまま。
口と同じ様に、何針も縫う傷を負った。右手の傷も何年たっても消えない。
大人になり、父親と仲良くしたかった子供だが、父親から「自分の子供とは思っていない」と言われ心に傷を負った。
「過去の事を持ち出して、怪我の事を話されても困る」と言う父親に腹が立つ。
警察や法律がなったら、殺して居ると思う。
女の顔や手に傷を作り、心にまで傷を与え、父親には恨みしかない。
殴られていたせいか、日常生活でも怯えながら暮らしている。
過去にとらわれず、暮らしたい。